スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.03.07 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    ジョニー・デップが結婚しない理由とは?

    0
      あのクリエイターがスマートフォンアプリを開発! 2011年7月25日、東京・渋谷にて、AQインタラクティブがMobage新企画"スーパークリエイターズ"発表会を開催した. 最初に登壇したのは、AQインタラクティブの許田周一(もとだ しゅういち)代表取締役. "スーパークリエイターズ"の企画概要を発表した. 「日本のゲーム制作のすばらしさをもう一度見せたい」というクリエイターの思いを実現するための企画だと許田氏は語る. 続いて、今回の企画に参加することになったスーパークリエイターの面々が登場. comceptの稲船敬二氏、グラスホッパー・マニファクチュアの須田剛一氏、プロペの中裕司氏、マーベラスエンターテイメントのはしもとよしふみ氏、クラフト&マイスターの船水紀孝氏が登壇. それぞれスマートフォン用のソーシャルゲームを開発・提供することを明らかにした. 提供が決定しているタイトルとして発表されたのは、稲船氏プロデュースの『 JJ・ROCKETS(仮題) 』. はしもと氏手がける『 牧場物語 』シリーズ、須田氏が手がける『 ノーモア★ヒーローズ 』シリーズのスマートフォンアプリ版が今冬から展開予定であることが明らかに. また、船水氏は具体的なタイトル名は発表しなかったものの、クラフト&マイスターのソーシャルゲーム・携帯電話アプリのブランドして"生ゲー(なまげー)"を立ち上げることを発表した. comcept代表取締役 稲船敬二氏 今回、"スーパークリエイターズ"に選ばれてほっとしています. 「よかった、スーパーなんだ」、って(笑). 僕はこれが新しい時代の幕開けだと思っています. ここにいる5人は、ゲームを知りつくしてきた者たち. この5人が、とうとうスマートフォンを中心としたソーシャルゲームに参入するのです. このメンバーの力でゲームが変わるだろうと思っていますし、変えなきゃいけないと思っています. この企画の中で新しいソーシャルゲームを作り上げて、アピールしていきたいと思いますが、それは簡単なことではありません. いままでやってきたことに縛られて、考えが凝り固まっていると、ソーシャルゲームのよさは活かせません. いままでの経験を活かしつつ、ソーシャルゲームを学んで、面白くて広がりのある作品を皆さんの手に届けたいです. 僕は『 JJ・ROCKETS(仮題) 』というタイトルを作っています. 「何だそのタイトルは」と思われるかもしれませんね(笑). ヒントを言うと... 僕自身、アクションゲームが大好きです. 横スクロールアクションをずーっと作り続けてきました. ソーシャルゲームにも横スクロールアクションはありますが、シンプルすぎると物足りないんですよね. その問題を解決するゲームを作りたいんです. それが、『 JJ・ROCKETS(仮題) 』. 男の子っぽいタイトルでしょう(笑). 子供から大人まで楽しんでもらえるような、稲船のゲームのファンだといってくださる方はかならずプレイしたくなるようなゲームになると思います. また、ただ遊んでおもしろいだけでなく、キャラクターがもっと世の中に広がっていくようにしたいですね. グラスホッパー・マニファクチュア CEO 須田剛一氏 僕も、"スーパークリエイターズ"と、"スーパー"と付けて呼んでいただけてほんとにうれしいなと思います. 大先輩が3人いらっしゃって、僕とはしもとさんが若手に当たると思うんですけど... まあ、若手ですが40を超えてますけど(笑). 僕たちがいままでやってきたコンソールゲームは、家で据え置き機で遊ぶなり、外で携帯機で遊ぶなり、日常の中でユーザーが触れているものですが、ソーシャルゲームというものは、さらに日常の隙間を埋めるものだと思っています. これが何をもたらすかというと、我々の時間の中でゲームが占める時間が増えた. 我々コンテンツを生み出す者たちにとって、より多くの皆さんにコンテンツで遊んでもらう機会が広がったなと感じています. ですので、今回のこのお話をいただいて、これは大きなチャンスだと思ったんです. AQインタラクティブさんやマーベラスエンターテインメントさんと組むのであれば、もうやるタイトルはおのずと決まっています. このプロジェクトでは、『 ノーモア★ヒーローズ 』シリーズを全面的にプッシュし、いろんなコンテンツを出していきたいです. できることなら、モバゲーさんの『 ロワイヤル 』シリーズをいただいて、『 ノーモア★ヒーローズロワイヤル 』を出したいなと思っています(笑). 『 ノーモア★ヒーローズ 』は殺し屋が主人公なのですが、過激な表現がソーシャルゲームでどこまでできるのか、というのが課題であり挑戦になりそうです. いちばん血の出るソーシャルゲームを目指して展開していきたいなと. 僕自身、まだまだソーシャルゲームでやりたい企画はもう100個ぐらいありますので、1個ずつ丁寧に作って実現していきたいです. まずは『 ノーモア★ヒーローズ 』シリーズを、パワーとインパクトのあるゲームとして、日本だけでなく海外にも出していきたいと思います. プロペ 代表取締役 中裕司氏 僕はいまから10年ほど前、『 ファンタシースターオンライン 』というネットワークのゲームを手掛けまして、いい思いも苦い思いもたくさん味わいました. それからしばらく、ネットワーク関連のゲームからは離れていたのですが、今回お話をいただいて、「またネットワークゲームにチャレンジしてみよう」と思いました. 『 ファンタシースターオンライン 』当時、すごく楽しかった部分、うまくやれた部分がありますので、それをスマートフォンのアプリという形で、世界中の方々がコミュニケーションを取れるような作品にできればと思っています. 企画を進めている作品については、まだタイトルを言ってはいけないようなのですが、"位置情報連動型の育成冒険ゲーム"を作り始めています. 僕の子どもが今年2歳になるのですが、子どもと話すことで、コミュニケーションのおもしろさというのをいま強く感じているんです. そのおもしろさをソーシャルゲームに取り入れようと思って作っています. このタイトル含め、AQインタラクティブさんに企画はふたつ出しまして、いまはひとつ目を作っていますが、その後「もうひとつも作りましょう」と言っていただいています. プロぺとして、がんばってチャレンジしていきたいですね. スマートフォンは、グラフィックのレベルも上がってきていて、非常におもしろいプラットフォームになってきていると思いますので. マーベラスエンターテイメント 執行役員COO はしもとよしふみ氏 皆さんご存じのとおり、僕らはこれまで、『 牧場物語 』や『 ルーンファクトリー 』といった、バシバシ何かを斬るというよりは、野菜を育てたり、住民と仲良くなるといった、やさしさにあふれたゲームを作らせていただいています. ソーシャルゲームでは、牧場ゲームがいくつか出ていて、「マーベラスエンターテイメントは本気でソーシャルゲームをやらないの? 」と言われることも何度かありました. そこで今回、すばらしい機会をいただいたので、『 牧場物語 』を題材にしてソーシャルゲームを作ることにしました. 季節や天気と連動するような仕組みを考えています. 以前は、「ソーシャルゲームをどこまでやるべきか? 」と悩んでいたこともあったのですが... 先日知り合いとドライブに行った際のことなのですが、知り合いがドライブのパーキングに入るたびにソーシャルゲームをやるんですよ. その知り合いはゲームをやらない人だったのですが、完全にハマってまして. このとき、自分たちが思っている以上に、ソーシャルゲームは人々の生活の一部になってるんだな、と実感したんです. 皆さんの生活に根付いたゲームを作り出したいと思いますので、この中ではいちばんの若輩者ではありますが、できるかぎりの力を付くしていきたいなと思います. クラフト&マイスター 取締役 船水紀孝氏 いままで自分たちがやってきた土俵とは、ちょっと違ったソフトを作らなきゃいけないのかな、と思ってるんですが... あまり肩肘はらないで、僕たちがいままでやってきたノウハウや物作りの考え方を素直に活かしていこうかなと考えています. それで、何か考えたほうがいいだろうと思ったので(笑)、スマートフォンのゲームを作るうえでのキーワードを考えてみました. それが"生ゲー"です. 生という言葉には、新鮮さ、旬、ライブ感、そういったものを大事にするという意味を込めました. 旬なネタを旬なうちに皆さんに提供する. そんなことを考えてます. いままで僕たちがやってきた、アーケードゲームの感覚に近いのかなと思っていて... アーケードゲームを作ったり、ゲームセンターの運営のノウハウなどを活かしていきたいなと. 日々変わる皆さんの好みや難度設定などをソーシャルゲームに反映させていきます. モバゲーで生ゲーをがんばります. 小さい頃からファミコン、スーパーファミコンとゲームに触れてきたという守安氏. いちプレイヤーとしてもこの企画を楽しみにしているという. 最後に、ディー・エヌ・エーの守安功代表取締役社長が登壇. 2009年にMobageがソーシャルゲームに参入してから、ソーシャルゲームの市場が大きく成長していること(モバコインによる売上げは年間1200億円を超えるという. Mobage以外のプラットフォームも合わせれば、年間2000億円を超える市場に)、スマートフォンへの移行が進むことによって、ゲームのクオリティーがさらに上がり、さらに海外にも進出しやすくなることで、その市場がさらに進むであろうことを述べ、「トップクリエイターの皆さんとともに世界ナンバーワンのプラットフォームを作りたい」と意欲を語った. また、質疑応答では、ほかのクリエイターにも"スーパークリエイターズ"参加を呼びかけており、今後も積極的にアプローチしていくことや、年内にタイトルを出せるように計画を立てていること、"スーパークリエイターズ"内では制限がなく、クリエイターが自由に作品を作っていけるようにしていることが明かされた. 残念ながら、いずれのタイトルも具体的な内容は明かされなかったが、年内配信を目指しているということは、近いうちにきっと続報が出るはず. 日本が誇るクリエイターたちがどのようなソーシャルゲームを作るのか、期待して待とう. ジョニー・デップはこのほどインタビューで、12年来のパートナーであるヴァネッサ・パラディと結婚しない理由について語った. ジョニーは「結婚とは、心や気持ちの問題であって、"結婚したんだね"と誰かに言ってもらうことが必要だとは思わない. もし、ヴァネッサが望むなら結婚してもいいけど、彼女がすばらしいラストネームを失うのは気が引けるね」と述べた. 一方、ヴァネッサと2人の子供たちと過ごすクリスマスは、一般的な家庭と変わらないとし、思う存分寝て、息子たちと一緒にたくさんのおもちゃで遊ぶ予定のようだ.

      スポンサーサイト

      0
        • 2016.03.07 Monday
        • -
        • 11:40
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           

        PR

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << September 2018 >>

        selected entries

        archives

        recommend

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM